【おうち訪問】水彩画家 伊藤尚美さんのお宅訪問!

こんにちは。
ぐっさまです。

【作家さんのおうち】

 
第2回目は、
水彩画家 テキスタイルデザイナー

伊藤尚美さんのお宅に
おじゃまさせていただきました。
伊藤尚美さんといえば、
伊賀を代表するアーティスト。

子育てをするにあたり、

住まいを地元の伊賀へ移されました。

さて、どんなお住まいなのか、

さっそく拝見いたしましょう。

         
伊賀市内某所
2015年12月、アトリエ前に新築。
設計士はアトリエ設計と同じ
鈴木義之さん。
ご主人
尚美さん
息子くん
愛犬クラッセ
3人と1匹の4人家族が住むおうち。
             
いらっしゃい。
愛犬クラッセも一緒に
お出迎え。

玄関には
古木のディスプレイ棚に
ヒヤシンス。
2階リビングへと続く階段。
1段1段上がっていくと‥
そこは、光が広がる
広々とした空間。

15坪の敷地とはとても想像できない。 


アトリエと同じ照明。

天井にさす影がまるでアート。

        尚美さんが、家を建てるにあたり、

一番こだわったのが
「光と風」だそう。

そのために、リビングを2階に、

寝室やバスルームは1階に。

 

そのこだわりは、随所に見られ、
アーチ状の灯りとりや、
階段横にある
20センチ四方の、
風通しの窓など。
自然に、快適な生活をおくる工夫。
    
             
光と風通しの、次にこだわったのが、
キッチン。

もちろん、主婦でもある尚美さん。

「水回りは広めに、
ぜいたくにしたかってん」 

ゆったりとした導線も確保し、

リビングで家族の様子を伺いながら、

家事をこなせる

素敵な台所。

また、キッチンのカウンターに

アフリカの古木 を用いるなど、

尚美さんらしさも。 

灯りが燦々と。

 


窓からさす光を利用した

尚美さんらしいフルーツディスプレイ!

「イメージはな、できててん」

鈴木さんに資料を渡し、約半年かけて

形をつくりあげたそう。

家づくりも

真っ白なキャンバスに
無から色を入れていく

尚美さんの仕事と似ている気がする。

後編は、
尚美さん流の
ディスプレイ術をご紹介。 

お楽しみに。

 

さて、尚美さんインフォメーション。
尚美さんの1年が1冊に!
自身初のフォトエッセイ集

 
「詩を描く」

 
3月9日
岡森書店にて、販売開始。
「毎日写真撮っててん。」
と、尚美さん。
仕事と育児と、多忙な毎日の中での

1日が綴られています。

ぜひ、ご購読ください。

 

《 だーこ広告 ~広告主募集~》

お店の紹介、イベント告知、求人情報..etc
ここで紹介してみませんか?
来客UP↑・知名度UP↑の
お手伝い承ります!
今なら飲食店無料掲載キャンペーン中!(^^)!
詳しくは下記のURLをクリック!
https://daco.jp/archives/29526995.html

カテゴリー: おうち訪問, くらす&すむ パーマリンク

コメントは受け付けていません。

ホーム |  だーことは |  お問い合わせ

Copyright 2020 だーこ. All rights reserved.