【月刊里の市通信vol.27】ウッドデッキづくりが始まりました!

ハラペコ里の市にウッドデッキをつくる取り組みが始まりました!

60007872_2893113667580675_4130902714978664448_o

月間里の市通信vol.24でも書いたのですが、昨年の秋頃から里の市にウッドデッキを作ろうと準備を進めてきました。一昨年の秋に伊賀市大山田に移住してきた設計士の上見さん(竹森製材建築)に相談に乗ってもらい、何度か図面を引き直してもらったりしながらようやく施工がスタートしました。


里の市は、小さなマーケットです。「何を買うか、から誰から買うか、を選べるまちづくり」をコンセプトに2014年にはじまって、今年で5年目になりました。

58374586_2882580831967292_8263911982566998016_n

農家さんと話しながらの買い物や、作った人と話して買う料理やパンにお菓子など。そういう体験がとても大切だと僕は考えています。「あの人が作った野菜」と思った途端にその野菜が愛おしくなることがきっとある。そういう経験の積み重ねが「作り手」と「消費者」が近い未来を作る一歩目、なのだと信じています。
そんな未来を作っていきたくて、小さなマルシェを毎週開催しています。そして、里の市を訪れた人たちの居場所となってのんびりしていってもらいたくて、今回のウッドデッキづくりをスタートさせました!

今は、搬入された木材にウッドロングエコという木材防護保持剤を塗っています。このウッドロングエコは、天然由来の成分のみでできていて、木材を酸化させることで腐朽菌の繁殖を抑えることで木材を防護するという変わった考え方の塗料です。匂いもほとんどないし、土と水に還る北欧の木こりの知恵が生かされたものです。
 
普段運動不足の奥田は戦力的には弱小です。弱小な私が、せっせと5月8日(投稿当日)の里の市中も塗っているので、もしお手伝いしてもいいよ!という方がおりましたら是非ともお待ちしています^^
ウッドデッキは5月末の完成を目指して進めておりますので乞うご期待です!

季刊里の市の新刊もできましたので、置いてもいいよーという店舗さんなどがありましたらこちらもよろしくお願いします!

_8500905

里の市の情報はfacebookなどで発信しております。
里の市のfacebook →里の市Facebook
里の市のインスタグラム →里の市インスタ


三重テレビさんのゲンキ!みえ!という番組で取材していただきました。そのときの放送内容はこちらです→ゲンキ3ネット 

里の市ライターおっくん(奥田悠史)

三重県伊賀市出身。三重と長野の二拠点生活中。

大学在学中に休学して1年間かけてバックパッカーでの世界一周を経験。旅を通じて世界中の悪と愛に触れた。フィンランドでカメラを盗まれ、スペインではニセ警官にデビットカードを盗まれる。悔しすぎて、バルセルナの宿でまくらを濡らした。そのときに聞いた「谷川俊太郎」の詩「生きる」が心に刺さりすぎて、旅を続けた。ライターを経て、写真とデザインAlpenglow works代表。    

カテゴリー: 月刊里の市通信, 行事・イベント パーマリンク

コメントは受け付けていません。

ホーム |  だーことは |  お問い合わせ

Copyright 2020 だーこ. All rights reserved.