【のっPの木】家が欲しいな。でも、どうしたらいい??

 一気に寒くなって
体がビックリしてますね。。
どーも、のっPです。
工務店らしく、
前回
『 家に住む。』
ということについて書いてみました。
そして今回は、

『 家が欲しいな~。
でも、どうしたらいいんやろ?
 』

家が欲しい!
と思った時に初めにする事といえば
何だと思いますか?
・・・。
11
(出典:Ms建築設計士事務所)

現場見学会に行く?
モデルハウスに行く?
本を読む?

といったことを、思い浮かべますよね。
でも、どれもまだ必要ないんです。
現場見学会やモデルハウスに行くことは
後からでも出来るので。。

あと、モデルハウスに行って
アンケートを書いてくると、
ビルダーさん(住宅会社)によっては
色々と営業されることもあるとか、ないとか、、

それはそれで、
資料としては勉強になるのでしょうが
どっぷり引き込まれると、じっくり考える間もなく
キチンと判断できずに、言われるがままで
引き返せないところまで行くことも
あるとか、ないとか。。

最悪の場合、自分たちの理想の家を建てるはずが、
ビルダーさんの理想の家が建ってしまった。
なんてことも、、

000000

そうならない様にするためには、
ひとつひとつ準備をしながら、家づくりを
しなければいけません。

準備と言っても、現場見学会や
モデルハウス、本読む
ではなく、
『どんな暮らしがしたいか。』
ということをイメージすることが大切です。
これ、
前回も言いましたね(笑)
でも!
それくらい大切なことです。
何でもそうですが、はじめが肝心です。
そこがひっくり返ると
全部無駄になってしまうことも、、
DSC_0203

具体的には、住宅関係の雑誌やイメージ写真を見て
『自分はこんな家で暮らして、
こんな生活をしたいなー。』

なんてことを、ボーっと
想うことから始めるのが良いと思います。
僕も家の空間を考えるときは
そんなところからスタートします。

あっ。
雑誌も本ですね(笑)
最初に出てきた本は
『知識』
のことで、
この土地にはどれくらいの家が建てられる?
相場の金額はどれくらい?
外壁材は何にする?
太陽光は?
といったこと。

それに対して、住宅雑誌はどちらかというと
写真が多かったり、コンセプトなどが書いてます。
そういった
『イメージ』
などの漠然としたところから
スタートするのが大切ですね。
DSC_0939

ここで家づくりのイメージが固まっていないと、
後々、ビルダーとの打ち合わせの中で
二転三転してしまい、最終的に満足のいく
家づくりは難しくなります。
それくらいイメージは大切。

そのイメージをもとに間取りを作ったり
していくことが出来ます。
意外と多いのが、決まった間取りの中から選んで
その中に自分たちの生活を当てはめる。
という流れ。
でもこれ、本当は反対なんですよね。

なので、まずは
暮らしをイメージする。
これです。

DSC_0107

設計事務所なんかはこういったところから
家づくりを始めていくので、住宅会社に比べると
よりイメージを具現化してくれるかもしれません。
(むしろイメージ以上の提案をしてくれますが、、)

***

イエノキでは、
こんな家に住みたい。
という方の相談をお受けしております。
お気軽にご相談下さいませ~

***

そして、イエノキの事務所として
名張の旧町にある築百数十年の
古民家リノベーションワークショップ
を企画しております!
楽しいですよ~♪
ココを押して!♪

DSC_1835

 

イエノキHP:https://ienoki.com

にて、ワークショップページ
準備中です。

のっP HP:

のっP Facebook:

《 だーこ広告 ~広告主募集~》

お店の紹介、イベント告知、求人情報..etc
ここで紹介してみませんか?
来客UP↑・知名度UP↑の
お手伝い承ります!
今なら飲食店無料掲載キャンペーン中!(^^)!
詳しくは下記のURLをクリック!
https://daco.jp/archives/29526995.html

カテゴリー: くらす&すむ, だーこサポーター, だーこ連載, のっpの木 パーマリンク

コメントは受け付けていません。

ホーム |  だーことは |  お問い合わせ

Copyright 2020 だーこ. All rights reserved.