【月刊里の市通信vol.13】サードプレースとしての里の市

ハラペコ里の市のおっくんです。
2018年、1回目の「月間里の市通信」です。本当は1月31日の朝7時に投稿予定だったのですが、私、すっかり忘れておりまして、1回目の投稿からうっかりミスをしてしまいました!

今年の里の市は、「居心地のいい場所・居場所になるマルシェ」をテーマに運営をしていこうと思っています。職場でも家庭でもない居場所のことを3rd place(サードプレース)と言いますが、里の市もみなさんのサードプレースになりたいな、と思っています。

harapeko-164

サードプレースについてアメリカの社会学者のレイ・オルデンバーグさんは、サードプレースには、以下の8つの特徴があると提唱しています。

「中立領域、平等主義」、「会話が主たる活動」、「アクセスしやすさと設備」、「常連」、「控えめな態度・姿勢」、「機嫌がよくなる」、「第2の家」

この中で僕が特にいいなぁと思っていることが4つありますので、少し紹介します。

・「会話が主たる活動」

遊びココロや楽しい会話がサード・プレイスの活動のメインフォーカスである。会話のトーンは気軽で、ユーモア、ウィットがあり、優しい遊びココロは高く評価される。
・「常連」
サード・プレイスは、常連がいて、空間やトーンを形成する。その場所らしさをその人たちがつくる。
新たな訪問者を惹きつけて、新参者にも優しいところ。
・「控えめな態度・姿勢」
サード・プレイスは、健全である。その中には無駄遣いや派手さはなく、家庭的な感じ。偉ぶったり、排他的であってはいけない。いかなる個人、あらゆる階層の人を受け入れる。
・「機嫌がよくなる」
サード・プレイスでの会話のトーンは、けっして緊張や憎悪を生んではいけない。その代わり、陽気でウイットに富んだ会話、気さくな冗談は歓迎される。
harapeko-077

うーん、まさに里の市が目指すのは、こんな陽気でいろんな人の居場所であり、交差する場所になれたらいいな、と思っています。

そのため小さいながらコツコツ、コツコツと居場所がよくなるように考えています。最近も小さい子供用のスペースにジョイントマットを敷きましたので前よりお尻は痛くないと思います。

出店者さんとお客さんが繋がりあって、「里の市」という場所は、とても優しい空間になっていると思います。こじんまりとしたコミュニティには新しい人は入りにくい思われるかもしれません。ただ、小さなコミュニティこそ、誰かの居場所・サードプレースとしての機能を果たせると思っています。

あ、それからこの8つに里の市として1つ足すとしたら。それは「チャレンジできる空間」ということだと思います。お店を始めてみたい人や歌を歌いたい人、何かやりたい人たちが小さくチャレンジできる場所にしていきたいと思っています。なのでそんな気持ちで小さくてもチャレンジしたいな、とともう人がいたら是非遊びに来てください( ^∀^)

harapeko-315

2月〜4月号の季刊里の市

27485438_1601422646610359_553335862_o

【2018年 2月、3月の里の市インフォメーション】 毎週11時~15時開催。
開催日:2月7日、2月14日、2月21日、2月28日、
3月7日、3月14日、3月21日、3月28日
イベント情報:
2月14日
・土の香工房 葛原さんの味噌作りワークショップ!
10人限定/参加費3,000円 4kg 持ち帰り
持ち物:5Lのポリ容器(ない場合は+500円)
時間:11:00開始

ワークショップ参加なしの仕込み済み味噌の予約販売も受けつけています!

51_large

・バレインタイン企画!
カフェサナブリの真木さんのブラウニーのデコレーションワークショップ!
時間:13:00〜 1個500円

3月7日
・ゆうじゅさんのおはなしcoppice

 時間:11:30〜  

0920_sato-8

3月21日 祝日里の市!!
・しゃべるの時間(トークイベント)& ライブ!
11:30〜 羽間農園 羽間一登さん

FullSizeRender

12:00〜 よなよなライブ(キーボードと歌のユニット)
12:30〜 こども園まきば 園長 竹中輝代さん「シュタイナー教育の観点から乳幼児期に大切にしたいこと」
 13:00〜 根っこさんライブ

 IMG_2531

里の市のfacebookはこちらです!→里の市Facebook

里の市ライターおっくん(奥田悠史)

三重県伊賀市出身。大学在学中に休学して1年間かけてバックパッカーでの世界一周を経験。旅を通じて世界中の悪と愛に触れた。フィンランドでカメラを盗まれ、スペインではニセ警官にデビットカードを盗まれる。悔しすぎて、バルセルナの宿でまくらを濡らした。そのときに聞いた「谷川俊太郎」の詩「生きる」が心に刺さりすぎて、旅を続けた。

現在は企画のディレクションやアートディレクター・フォトグラファーとし
て活動中。 


《だーこ広告 広告主募集

お店紹介、イベント告知、求人情報..etc
ここで紹介してみませんか?
来客UP↑・知名度UP↑の
お手伝い承ります!
今なら飲食店無料掲載キャンペーン中!!
詳しくは下記のURLをクリック!
https://daco.jp/archives/29526995.html

カテゴリー: 月刊里の市通信, 行事・イベント パーマリンク

コメントは受け付けていません。

ホーム |  だーことは |  お問い合わせ

Copyright 2020 だーこ. All rights reserved.