【行ってみた】伊賀の老舗寿司店、末廣寿司に行ってみた!

毎日暑いですね~!

みなさん夏バテしてませんか?

今回は

伊賀風土FOODマーケット

マーケットノトナリ
 

にもご出店いただいている

1946年創業の老舗寿司店

真っ赤な壁が特徴的な
末廣寿司にお邪魔しました!
温かくお出迎えしてくれたのは

こちらのお2人! 

\こんにちは〜
/    

3代目大将  杉山昌樹さん(52)

  女将  美佐さん(48)

取材に訪れたころ

ちょうど伊達巻の皮を焼くとのことで

見せていただくことに! 

グッドタイミング👍

伊達巻を焼くのはこの年季の入った窯!

創業当時から使われていて

73年間大切に使われてきたそう。

1枚1枚丁寧に焼かれる伊達巻は

もうね、、職人の逸品です

この伊達巻は3代目ご主人に
引き継がれたあと

時短でよりふわっとなるように

少しずつ改良を重ねているんだって!

特に夏は湿度や温度の関係で

最高の1枚を作るのが
とても難しいんだそう!

多くのファンがいるこちらの伊達巻

おいしさの秘訣は企業秘密💗

職人な大将とそれを支える女将

2人のプライベートに迫る!!

お話を聞くと

なんと、お2人の共通の趣味が

あるとのこと!

その趣味を見せていただくため

女将さんに案内され、

お店を出て歩くこと数分。

じゃじゃーーーん!!

こちらがお2人の大好きな趣味

1949年式フォード 
!! 

か、かっこよすぎます

友人からご縁があって譲り受けた
大切な愛車。

車庫にはレコードのジャケットや  

ビンテージの工具やナンバーが飾られています。
アメリカを訪れて購入したのだそう。

車も単車も縁があって

譲り受けたものがほとんど。

そのため愛着がとてもあって、

しっかり長く乗りたいと

話してくれました

そのあと、女将さんが

あるお部屋に案内してくれました。

どどーーーん!!

こちらがお2人の共通の趣味part2!

音楽

40年代~現在までロカビリーが好きで、

レコードは3000~4000枚程

コレクションしているそう。

もはや本人たちも枚数が分からないとのこと。   

レコードを聴く機械も完備


寿司屋さんなのでこんな質問!

だーこ「お2人の好きな寿司ネタは?」

大将「鯖! 」

女将さん「伊達巻、巻き寿司かな。

昔はハマチや鰻など魚!というネタが
好きだったけど、嫁いで変わったんです。

全て手作りのお寿司屋さんの
伊達巻や巻き寿司は

こんなに美味しいものかと

気づかされました。
いつか生もの抜きのお寿司屋さんに

することが夢です

女将さんにはこんな質問も!

だーこ「ご主人はどんな方?」

女将さん「お寿司に関してはどうすれば

よりおいしいものができるのか

改良に改良を重ねて勉強熱心な

ザ・職人だけど、

プライベートでは、料理や掃除

子どもたちの世話やおやつ作りまで

なんでもやってくれる優しい方です


なんて素敵なご主人!

そして明るい笑顔で

ご主人を支える女将さん。

羨ましいほどの素敵なご夫婦です

 そんなお2人の

出会いのきっかけを聞いてみました
  

出会いは大内インター。

ツーリングの最中、

休憩で立ち寄ったおすみ

仲間たちとホルモン定食を
食べていた女将、美佐さん。

そこに美佐さんが当時
とても乗りたかった単車に乗った
大将、昌樹さんが登場。

そこでその憧れの単車をきっかけに

出会ったのだそう

その後お2人は結婚され、

新婚旅行はなんと

沖縄県までバイクで行くという

お2人らしい旅行をしたそう

共通の趣味がお2人を引き合わせた

ステキなご夫婦

縁やつながりを大切にしている

お2人の優しさが表れたお寿司を

ぜひぜひご賞味あれ!

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

-SHOP INFO-

518-0854
三重県伊賀市上野忍町2496-2
tel :0595-21‐0797
Open 9:30~21:00
Close 不定休
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

        


《だーこ広告 広告主募集

お店紹介、イベント告知、求人情報..etc
ここで紹介してみませんか?
来客UP↑・知名度UP↑の
お手伝い承ります!
今なら飲食店無料掲載キャンペーン中!!
詳しくは下記のURLをクリック!

カテゴリー: たべる, 行ってみた パーマリンク

コメントは受け付けていません。

ホーム |  だーことは |  お問い合わせ

Copyright 2020 だーこ. All rights reserved.