【月刊里の市通信vol.4】少し広くて、小さいコミュニティ

こんにちは、里の市のおっくんです。 


里の市会場の周りは田園風景が広がっています。連休を前に、田には水が張られ、水鏡には春の気持ちがいい空が写し出されていますね。

さて里の市では、3ヶ月に1回「季刊里の市」という通信を発行しています。

里の市のイベント情報や出店者さんの思いを届ける季刊紙です。4月26日に初夏号(5月~7月)が完成しました!


こんな感じになっております。見かけましたら是非お手にとってみてください。


季刊里の市201705-201707_ol-01
今号は、奈良の宇陀市室生から毎週出店してくださっている「星降る谷の家fufufu」のあかりさん特集です!!


0419_satonoichi-23

少し広くて、小さいコミュニティ


里の市の出店者さんは、結構いろんなところからきてくださっています。県内では四日市や、津市美杉村の方や奈良県は宇陀市室生や桜井市。一番遠くは不定期ですが、京都からも出店してくださっています。


0222_里の市-1

僕らが目指すのは、少し広くて、小さいコミュニティだと思っています。地域にこだわるのではなく、人にこだわる。里の市のテーマの一つが「何を買うか、から誰から買うか」というものなんですが、これと同じで、「どこから買うか、より誰から買うか」だと思っています。


あの人が作る野菜が食べたい、あの人が作るご飯が食べたい、あの人が入れるコーヒーが飲みたい。みたいなことを大切にしたいのです。


だから、里の市は「少し広くて、小さいコミュニティ」。いろんなところから面白い人が集まってきてくれていますので、遊びにきてくださいね。


0419_satonoichi-7

5月からはじまる新しいこと


ことばや詩の作家である「ゆうじゅ」さんによる「おはなしcoppice」が5月から始まります。0歳~2歳くらいまでのお子さんとお母さんが一緒にゆうじゅさんを囲んでお話しする時間です。

0歳~2歳くらいは、ことばのトンネルの中をハイハイ歩きをしながら進んでいるような状態だとゆうじゅさんが教えてくれました。ことばのトンネルをつくるあたたかい時間が始まります。


13254202_830146563796831_3100715764784226772_n

小さなお子さんがいらっしゃる方は是非お越しくださいね~


1回目 5月24日(水)12時半~

2回目 6月28日(水)12時半~

0419_satonoichi-8

【5月の里の市情報】
毎週11時〜15時開催。

開催日:5月10日、5月17日、5月24日、5月31日

イベント情報:
・5月10日
12:00〜14:00 サナブリによる母の日のワークショップ

・5月17日 
12:30〜13:00 しゃべるの時間「森井みきさんによるおんぶと抱っこの話し」
13:00〜13:30 根っこさんライブ

・5月24日
12:30〜13:00 ゆうじゅさんによる「おはなしcoppice」


里の市のfacebookはこちらです!→里の市facebook

月刊里の市ライターのおっくん

satonoichi_141
奥田悠史

三重県伊賀市出身。大学在学中に休学して1年間かけてバックパッカーでの世界一周を経験。旅を通じて世界中の悪と愛に触れた。フィンランドでカメラを盗まれ、スペインではニセ警官にデビットカードを盗まれる。悔しすぎて、バルセルナの宿でまくらを濡らした。そのときに聞いた「谷川俊太郎」の詩「生きる」が心に刺さりすぎて、旅を続けた。世界中で、いろんな人が  生きる姿に触れるたびに、その姿を伝えることに興味を持つ。

信州大学での専攻は森林科学。木の年輪を研究テーマに(バームクーヘンの層を数えるようなイメージ)して、木の気持ちを伝える卒論を書いたのち、人の営みを伝えるライターを目指して、編集プロダクションに就職。

現在は企画のディレクションやアートディレクター・フォトグラファーとして活動中!  



《だーこ広告 広告主募集

お店紹介、イベント告知、求人情報..etc
ここで紹介してみませんか?
来客UP↑・知名度UP↑の
お手伝い承ります!
今なら飲食店無料掲載キャンペーン中!!
詳しくは下記のURLをクリック!
https://daco.jp/archives/29526995.html

カテゴリー: イベント情報, 月刊里の市通信, 行事・イベント パーマリンク

コメントは受け付けていません。

ホーム |  だーことは |  お問い合わせ

Copyright 2020 だーこ. All rights reserved.