【行ってみた】ARABONさんを訪ねて山の上へ。

こんにちは。
ぐっさまです。
今回はマーケットノトナリへの
スカウティングやコラボの
ご相談も兼ねて、
南山城村童仙房の
ARABONさんへ、
暮らし舎モノガタルの今山綾香さんと
おじゃました様子を
レポート致します。
伊賀を飛び出し、R163を西へ。
山道を、ひたすらのぼる。
くねくね。
のぼる。
くねくね。
のぼる。
対向車にビクビクしながら、
たどり着いた、
体感温度が平地と違う
ここは山の上。
清水のばらさんが、2012年に
廃校の小学校の物置だった
小屋を、
村に住んでる作家さんの展示場
としてスタートさせた
ARABON。
ちょうど、店前の枝垂れ桜が
満開の時。
はじめまして、のすぐあとに、
桜茶をいれるから、
花びらを摘んでください。
と、のばらさん。
?!
初めての体験に、
ココロオドル。
5つ花びらを摘んで
透き通るような氷砂糖を一粒
ぽとん。
ストーブでしゅんしゅん沸いた
熱湯を注いだら、できあがり。
桜の花びらの香りと、優しい
氷砂糖の甘み。
のばらさんのおもてなしから、
のばらさんを知る。
20年前に京都市から移住。
ご主人の善行氏は陶芸家。
・信楽に車で30分ほど
・窯焚きの煙を出しても迷惑をかけない
・知り合いの紹介
などの理由で童仙房へ。
知らない土地に住むことに
不安はなかったのですか?
の質問に
好きな人(ご主人)がいたから、と
さらりとおっしゃるのばらさん。
移住してきた童仙房で、
村の人たちと、
山の上マーケットを成功させ、
廃校になった小学校の物置で
スタートさせたARABON。
同じように移住してきた

宮内智子さんの木工作品
坂田典子さんの革作品 
宮本佳緒里さんの布作品
萩原桂子さんの切り絵
そして、ご主人
清水善行さんの陶器
を常設し、セレクトされた雑貨が並ぶ。
のばらさん、素敵なMAPを作りました。
奈良、京都、滋賀、三重の、
セレクトされたお店やスポットが
掲載されています。
ここに、
伊賀風土フードマーケットも
掲載していただけることに!
そして話題は、
伊賀風土フードマーケット
マーケットノトナリ
&
ARABONのコラボレーションへ。
のばらさんの手がける
米袋バッグの
マーケット限定販売など、
いろんなアイデアを
話し合う。
マーケットノトナリも
めいっぱいチャレンジをして
進化していきたい。
進化といえば、
のばらさんも新しいチャレンジ。
築80年の日本家屋である
自宅を、

「ゆがふ」

としてスタート。
のばらさんの生きがい。
結局、私は建物が好きなの。
ARABONでは、
村の作家さんによる常設展示。
ゆがふでは、
「温故知新」をテーマにした
ワークショップや企画展を思案中。
そんな、ゆがふにも
おじゃましました。
築80年の貫禄。
凛とした佇まい。
この大広間で、いろんなイベント
開催予定。
直近では、

風薫ル料理会

5月22日23日

11時~13時

14時~16時

各席8名

会費7,000円

料理 酒井弘志

陶器 清水善行

木工 森口信一

ガラス 今井美智

金工 中村友美

ご予約 080-1566-8822 
shimizunobara@gmail.com 

想像もつかないおもてなしと、
楽しい夢あるお話。
山の上に、来て良かったです。
のばらさん、ありがとうございました。
ARABON
京都府相楽郡南山城村童仙房三郷田199-2
旧野殿童仙房小学校プールサイド
 
予約制
TEL 080-1566-8822


《だーこ広告 広告主募集

お店紹介、イベント告知、求人情報..etc
ここで紹介してみませんか?
来客UP↑・知名度UP↑の
お手伝い承ります!
今なら飲食店無料掲載キャンペーン中!!
詳しくは下記のURLをクリック!
https://daco.jp/archives/29526995.html

カテゴリー: くらす&すむ, 行ってみた パーマリンク

コメントは受け付けていません。

ホーム |  だーことは |  お問い合わせ

Copyright 2020 だーこ. All rights reserved.