【のっPの木】『木工ワークショップ』について。

真夏の暑さが過ぎ、秋の虫の声に
癒されている

どーも、
のっPです。
事務所の近所の方に鈴虫をいただいて、
毎日お世話をしながら
ステキな音色を楽しんでいます。

改めまして、
のっPの木では、家づくりのことを中心に
様々なことをお伝えしています。
(たまに大きく脱線します笑)

今回はある質問をいただいたので、

お答えしたいと思います!

 

『イエノキ(のっP)は、なんで

木工ワークショップばかりしてるの?』

イエノキでは色々なところで
お声かけいただいて、
2018年は計12回のワークショップを
させていただきました。
平均すると1カ月に1回。
多い月では、1ヶ月に3回の月も
ありましたね(笑)
さすがに詰め込みすぎ、、
基本的にお誘いを頂いたら断らないので
こういう結果になりました。
2019年は8月時点で
すでに7回。
なかなかです、、
さて、木工ワークショップと言っても
何をしているのかと言うと、
● おはしづくり
● こどもイスづくり
● こどもハンモックづくり
● トイカメラづくり
● コースターづくり
● かざり棚づくり
と、色々な種類があります!
でも、
全部に共通しているのは、
『子どもたちに木に触れてもらい、
手触りや匂いなどを通じて
木の良さやモノづくりの楽しさを
体感してもらう!』

そして、
子どもだけでなく
大人も楽しい!
コレですね。

このごろ、カッターナイフで
鉛筆も削れない子供ばかりだよ。
なんて声も聞きました。
でも、ワークショップをしていると
こどもは真剣!

おはしづくりでは、
大工さんが実際に使うような
『鉋-かんな-』
をつかって
ヒノキの木を削り出していきます。

こどもイスづくりでは、
実際に家づくりでも使用する道具、
『電動インパクトドライバー』
をつかって
スギの木を組み立てていきます。


ケガのリスクは確かにあるけれど、
モノづくりにリスクはつきものです。
でも、キチンと説明をして
リスクを子どもたちに伝えてあげると
ケガをすることもなく
しっかり集中してワークショップを
してくれています。

最近思うのですが、
いつの時代も子どもは変わらず、
大人が先回りして止めてしまったり
説明をしてしまったりしてるな、と。
その結果、
子ども自身で考えることも
小さなケガもすることなく
成長してしまい、
刃物の痛みも知らない大人に
なってしまうのかな。
なんて思ってしまいます。

イエノキの木工ワークショップが
子どもたちのモノづくりの
良い機会ときっかけになってくれると
嬉しいな、なんて思いながら
これからも
木工ワークショップを続けて
いきたいなと改めて思います!!

***

イエノキではイベントを企画しております!
2019年8月~2020年2月にかけて
名張市内のカフェを4軒まわっていきます。

【 PHOTO CARAVAN 】
20190805_210816378_iOS
フォトキャラバンとして、
イエノキ』の木工ワークショップ

Party WAP』のフォトブースでの
写真撮影

第1弾は8月23日にyunocafeにて
好評のうちに終了。

次回は

 

10月6日(日)10:00~15:00
room

👇コチラから、予約が出来ますよ~👇
Photo Caravan in名張カフェ

 

***


イエノキでは、
こんなリノベーションをしてみたい。
こんなリフォームをしてみたい。

という方の相談をお受けしております。
お気軽にご相談下さいませ~

 

***

そして、イエノキの事務所として
名張の旧町にある築百数十年の
古民家リノベーションワークショップ
を企画しております!
楽しいですよ~♪
ココを押して!♪


WS

 

イエノキHP:https://ienoki.com

にて、ワークショップページ
準備中です。

 

のっP HP:

のっP Facebook:


《 だーこ広告 ~広告主募集~》

お店の紹介、イベント告知、求人情報..etc
ここで紹介してみませんか?
来客UP↑・知名度UP↑の
お手伝い承ります!
今なら飲食店無料掲載キャンペーン中!(^^)!
詳しくは下記のURLをクリック!
https://daco.jp/archives/29526995.html

 
カテゴリー: くらす&すむ, だーこサポーター, だーこ連載, のっpの木 パーマリンク

コメントは受け付けていません。

ホーム |  だーことは |  お問い合わせ

Copyright 2021 だーこ. All rights reserved.