【行ってみた】えん工房のアトリエにお邪魔してみた!~後編~

どもどもー!
キャサリンです。

さて、みなさん。
『えん工房に行ってみた!』後編!
伊賀風土FOODマーケット
&マーケットノトナリにも
出店してくださっている「えん工房」。
前編では、織塚夫妻がアトリエで
日々愉しんで作陶されている
様子をお伝えしました~
後編では、作品と
ご夫婦のことをご紹介します



ご主人の玲さんは主に
お皿や器、カップなどの磁器を。
奥様の千代子さんは
手のひらサイズの猫の土鈴を
制作されています。
DSC_0102
複雑に混ざり合った色が美しい。

DSC_0117
頂いた珈琲のカップは
青く見えたり、緑に見えたり。

こちらは千代子さん作の「忍ニャン」。
DSC_0119
伊賀にちなんで
忍者に扮装した猫たち。



ご夫妻が陶芸を始めたのは
仕事のために故郷を離れ
何か新しい趣味でも。と
千代子さんが興味を持ったのがきっかけ。

たまたま、近くの公民館で開校されていた

陶芸教室に夫婦で通い始めたそうですが
ご主人の玲さんは、なんと
先生を上回るほどの
腕前を発揮

「なんで、そんなセンスが」と疑問に
思って、お話を聞いていると…
もともとは
グラフィックデザイナー

されていたのだとか
DSC_0097
この床の間に飾られた
奥の絵を書いたのも玲さん
(右のサックスを演奏するのも

芸術的な感性をお持ちで
自己表現に長けて

いらっしゃるのですね

過去には「詩」を書いていて
朗読会に参加したりもしていたそう
DSC_0122
(初デートの時に千代子さんに
プレゼントしたという詩集素敵

きれいな写真と
詩的な言葉で綴られている
ブログもチェックしてみてください
日々是好日



ニャンコたちは千代子さんの
人柄とか暖かさが
そのまま作品に出ています
002
柔らかくて、穏やかなお人柄で
心のザワザワとかモヤモヤが
ふわっと包み込まれた気がしました



「えん工房」の名前の由来。
平仮名で記された『えん』には
様々な意味が。

/まあるいこゝろで
/つながる
/そんな空間を
/陶芸を通して
/演出したい

名前に込められた思いを
体現されている「えん工房」
2019年412(日)開催予定の
伊賀風土FOODマーケット
&マーケットノトナリに出店予定
ぜひぜひ、織塚夫妻と
素敵な作品に会いに来てください

*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::

 INFO
『えん工房』
*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::

《だーこ広告 広告主募集

お店紹介、イベント告知、求人情報..etc
ここで紹介してみませんか?
来客UP↑・知名度UP↑の
お手伝い承ります!
今なら飲食店無料掲載キャンペーン中!!
詳しくは下記のURLをクリック!
カテゴリー: 行ってみた, 観光 パーマリンク

コメントは受け付けていません。

ホーム |  だーことは |  お問い合わせ

Copyright 2020 だーこ. All rights reserved.