【のっPの木】木の家って、こんなに良い??

どうも、春がもうすぐで
ワクワクしている。
のっPです。


『 木の家やお店って落ち着くよね~ 』

なんて感じたことありませんか?
でも、それってなぜなのでしょうね。

そもそも、木の家ってどんな家でしょう。

11
(出典:Ms建築設計士事務所)

実は、具体的な定義はないのですよね。
木造
と言えば、主要構造部が木であったりしますが、
木の家
となると抽象的な表現となるので、
細かな決まりは無いのでしょう。

しかし、感覚的なところだと、
柱や梁が木、内装に木を使ってある、
床板が木、他の材料も自然素材である。
とまぁ、こういったニュアンスのものに
なってくるかと思います。

990b91a2aea05506584f866bcff3733e
(出典:伊礼智設計室

では、なぜ木の素材を使った空間に
居ると落ちくのでしょう??

その要素は色々とあります。
・木の香りに含まれる成分がヒトの脳に
働きかけ、心身ともに
良い影響をもたらす。

これ、アロマが良い例ですよね。

・熱伝導率が極めて小さい。
木とコンクリートの熱伝導率
(熱の伝わりやすさ)
を比較すると、何と1/12とのこと。
冬場や夏場に裸足で道の上を歩くのと、
木の床板の上を歩くのとでは、
その暑さは比べものにならない程
だと想像できます。

・木の細胞には無数の孔がある。
少しわかりにくい表現ですが、
生きている樹は、根から水を吸い上げる
ためにたくさんの管があります。
そして、管以外の部分にも細孔と
呼ばれる小さい小さいがも存在しています。
これらが調湿機能や空気の浄化効果を
発揮してくれるのです。

DSC_0939
(伊勢神宮内宮:のっP撮影)

他にもたくさんの要素が重なって
ヒトの感覚に良い印象を与えてくれている
のだと思います。

ある調査結果では、人間が80年生きると
仮定すると、なんと合計で
65年分も家で過ごす時間が占める。
といわれています。

しかし、家を建てる時や改装するときに
そんな所まで考えて内装材を決定することは
なかなか無いのが現状です。
でも、65年もその空間で過ごすのであれば
少しでもストレスの無い、
落ち着く空間にしたい。
子ども達には、そういった
環境を残してあげたい。
と思うのは僕だけでしょうか、、、

表面だけ木の模様をしたものも
いまではたくさん存在しています。
ですが、所詮はニセモノ、ハリボテです。
やはり中身までホンモノでないと
その効果は求められません。

IMG_9175
(伊山市売木材:のっP撮影)

おそらく、これからの時代、
住宅を新築される数よりも
リフォーム・リノベーションを
選択していく数が多くなることでしょう。

新築であれば材料は選び放題です。
(値段のことは気にしないといけませんが・・・)
リノベではいろいろな制約があり
中々、選択肢が少ないと思われがち
ですが、実は新築とそれほど
変わることはありません。

のっPが代表を務めるイエノキでは、
リフォーム・リノベーションに特化
しており、リノベでも新築と同等、
もしくは新築以上の価値を
与えていけるように心がけています。

たとえば、古民家は寒い・暗い。
なんてのは、もう古いのです。

興味のある方は、どうぞお話くださいませ。

ではでは、

今日はここまで。 
サラバ!!

のっP HP:

のっP Facebook:

《 だーこ広告 ~広告主募集~》

お店の紹介、イベント告知、求人情報..etc
ここで紹介してみませんか?
来客UP↑・知名度UP↑の
お手伝い承ります!
今なら飲食店無料掲載キャンペーン中!(^^)!
詳しくは下記のURLをクリック!
https://daco.jp/archives/29526995.html

カテゴリー: くらす&すむ, だーこサポーター, だーこ連載, のっpの木 パーマリンク

コメントは受け付けていません。

ホーム |  だーことは |  お問い合わせ

Copyright 2020 だーこ. All rights reserved.