【月刊里の市通信vol.33】在来種をつなぐ「たねとり生活」

82487741_3141656912726348_8737080433553965056_o

こんにちは!里の市のおっくんです!暖冬と言わるこの冬。最近マジであったかいですね。
僕が行き来する長野県もほとんど雪がふりません!あったかくていいね〜と思ったりもしますが、冬があったかくて、雪が少なくなると春以降の雪溶け水が少なくて、水不足になったりするので、いいねばかりも言ってられないですよね。

さてさて、1月の月末週、29日(水)のハラペコ里の市では「しゃべるの時間」も開催します!

12時からゲストを迎え『たねとり生活』と題してお話し会。(参加費・無料)

松阪市の山奥で実際にたくさんの在来種の種をつなぐ「時芽輝農場」の池添友一さんを特別ゲストに、毎月月末に出店中の奈良県都祁の「羽間農園」一登さんと一緒に「タネ」にまつわるお話しをお聞きします。

食べもののモト、タネの話しを聞きに来てください!
参加者に、羽間農園さんからちょっぴり種のプレゼントもあります。

2007年より自然栽培で自家採種している羽間農園さんの米や豆や野菜の種にまつわる話し。
そして様々な在来種の種をつないでいる、ゲストの時芽輝農場の池添友一さんには、
在来種をつなぐことの重要性や、種子法の現状なども伝えてもらいます。在来種の種も持って来てくれます!
なかなか見る機会のない、作物の種を見てみてください。

場所 三重県名張市上小波田1810-6 土の香市場 ハラペコあおむし
2020年1月29日(水)
※里の市は11時〜14時開催!ぜひお早めにお越しください◎
12:00~羽間農園さんの種にまつわるお話し
12:10~時芽輝農場・池添友一さんの在来種や種子法についてのお話し
12:30~質疑応答
当日販売…羽間農園では自然発酵紅茶・自然発酵番茶・自然栽培天日干し米・古代米各種・米粉各種・キクイモなど 

 
たねとりYoutuber

開催時間:毎週水曜日 11:00~14:00
場所:ハラペコあおむし前(名張市上小波田)

里の市の情報はfacebookなどで発信しております。

里の市のfacebook →里の市Facebook
里の市のインスタグラム →里の市インスタ


三重テレビさんのゲンキ!みえ!という番組で取材していただきました。そのときの放送内容はこちらです→ゲンキ3ネット 


里の市ライターおっくん(奥田悠史)

三重県伊賀市出身。三重と長野の二拠点生活中。

大学在学中に休学して1年間かけてバックパッカーでの世界一周を経験。旅を通じて世界中の悪と愛に触れた。フィンランドでカメラを盗まれ、スペインではニセ警官にデビットカードを盗まれる。悔しすぎて、バルセルナの宿でまくらを濡らした。そのときに聞いた「谷川俊太郎」の詩「生きる」が心に刺さりすぎて、旅を続けた。
写真とデザインAlpenglow works
代表 / 株式会社やまとわ 取締役 / 一般社団法人◯と編集社 理事/
 

カテゴリー: 月刊里の市通信, 行事・イベント パーマリンク

コメントは受け付けていません。

ホーム |  だーことは |  お問い合わせ

Copyright 2020 だーこ. All rights reserved.