【月刊里の市通信vol.17】新しい家を建てること、家をリノベーションしながら住み継いでいくこと

こんにちは。おっくんです。

里の市は、全天候対応で雨でも雪でも開催しているのですが、ここ数週間、雨が続いておりまして、悲しみにくれています。火曜日晴れ、水曜日雨、木曜晴れ、的な感じで見事にピンポイントで雨に降られております。
雨の日にも開催しておりますので水曜日は是非安心して里の市に来ていただければと思っています。たまに行ったら臨時休業的なことが少ないマーケットになっております。

32561157_1708821639203792_5809936255688900608_n
HOA BINH TABLEさん
32491006_1708608102558479_1389438966981197824_n
sanaburiさんのパン

6月13日は、月に一度の「しゃべるの時間」と根っこさんのライブがあります。

今回のしゃべるの時間は、里の市では初の試み登壇者3人によるクロストークをやります。
だーこブログにも寄稿しているイエノキの野山さんと広島工務店の代表廣島さん、と私奥田の3人が家づくりについて話しをしたいと思います。

イエノキさんは、リフォーム・リノベーションに特化した工務店さん。広島工務店さんは新築からリノベーションまで数多く手がけられている工務店さんです。
お二人に共通しているのは、「木」の空間づくり。

新しい家を建てること、家をリノベーションしながら住み継いでいくことをテーマにトークして行きたいと思います。家のリノベーションを考えている方や新築を検討されている方など是非いらしてください!
暮らしを考えるきっかけになったら嬉しいなぁと思います。

広島工務店さんHP

イエノキさんHP

5月発行の季刊里の市に掲載した廣島さんの寄稿です!

快適な住まい

何年振りだろう、懐かしい声が電話の向こうで少し困っている。「え~!私の家を?汚いし散らかっているし・・・・ん~それでも良ければいいですよぉ~」やった!感謝!

感謝です!

築8年のお客様に「お宅訪問」をお願いしました。注文住宅の弊社はモデルハウスを持たず新規のお客様の希望に近いお宅に訪問させてもらうケースがほとんどです。

このI邸はオーナーのこだわりが盛り沢山で、こちらとの掛け合いもうまくいった素敵な家。

新築当時はよく新規のお客様をお連れして訪問させてもらいました。今回もI様は愛想良く私たちを出迎えてくれて、お連れしたお客様も興味津々で私の説明を聞き、満足してくれた様子でした。

帰りがけ、漆喰の壁に掛けられた額に目が釘付けになりました。それは8年前に私が書いたその家のラフプラン(手書きの設計図)だったのです!I様が当時の事を嬉しそうに話してくれました。今日のために飾ってくれたのでしょう、感謝の一言に尽きる訪問でした。

注文住宅は本当に大変です。そもそも土地も人も二つと同じではないのだから、家も千差万別で当然ですが何もない状態から作り上げていくには、お客様もそれ相応の根気と努力が必要です。しかし出来上がった時の喜びは唯一無為のもので、それを共有できることは今回のように本当に注文住宅を続けていて良かったと心から思う瞬間です。

2月に1件4月にも1件お客様のご厚意で完成見学会を催す事ができました。スタイルの違う2件ですがシンプルで自然素材を使った空間の心地良さに訪問者の共感を得ることができました。また各家のこだわりを垣間見るのもお宅訪問の楽しさです。

住まいづくりであなたが目指すものは何ですか。また何が必要ですか。今、住宅の性能は進化し続けています。はたしてそれが私たちに
とって良いことばかりなのでしょうか。大正・昭和初期の家も多数現存し、昔から変わらぬ生活をしている方もたくさんおられます。住む方が満足であれば、その家を今の基準に合わせる必要は無いと私は思います。ほとんどの家は、修繕など少し手を加えるだけで住み続けられます。

住まいの「住み心地」は洋服の「着心地」と同じで数値化はできないはずなのに、規格化されなければいけない物となりつつあることが残念です。その家族、その人らしい生き方を「住」の部分でお手伝いができればいいなぁと思います。

また機会があれば自然素材、特に木についてお話ししたいですし、たまに里の市で座っている時は気軽に何でも相談してください。

201805-07_sato_0420_ol-01

【2018年6月、7月 里の市インフォメーション】 
・毎週11時~15時開催。

6月13日

12:30〜 しゃべるの時間(クロストーク)
暮らしから考える家づくり
「広島工務店 廣島さん」×「イエノキ  野山さん」×「里の市 奥田」の三人が暮らしと家について語ります!


13:00〜 根っこさんのライブ 

20180509_2

里の市のfacebookはこちらです!→里の市Facebook

里の市ライターおっくん(奥田悠史)
三重県伊賀市出身。大学在学中に休学して1年間かけてバックパッカーでの世界一周を経験。旅を通じて世界中の悪と愛に触れた。フィンランドでカメラを盗まれ、スペインではニセ警官にデビットカードを盗まれる。悔しすぎて、バルセルナの宿でまくらを濡らした。そのときに聞いた「谷川俊太郎」の詩「生きる」が心に刺さりすぎて、旅を続けた。


《だーこ広告 広告主募集

お店紹介、イベント告知、求人情報..etc
ここで紹介してみませんか?
来客UP↑・知名度UP↑の
お手伝い承ります!
今なら飲食店無料掲載キャンペーン中!!
詳しくは下記のURLをクリック!
https://daco.jp/archives/29526995.html

カテゴリー: 月刊里の市通信, 行事・イベント パーマリンク

コメントは受け付けていません。

ホーム |  だーことは |  お問い合わせ

Copyright 2020 だーこ. All rights reserved.